犬と猫

生涯健康|犬などペットが食べられるサプリがある

歩行の助け

診察

人間と同じように、犬も年を取ると足が弱ってきます。また、病気や怪我で歩行が困難になる場合もあります。そんな時役立つのが、犬用の車椅子です。車椅子は動物病院で置いていることもありますし、専用のお店もあります。オーダーメイドで作ってもらえるお店もあるので、長期利用する場合は個々に合った車椅子を作成してもらうとよいでしょう。自作も可能ですが細かい技術が必要なので、不安な方はプロに任せた方が安心です。また、短期で治る場合はレンタルという手もあります。車椅子を作ったら、まずは短時間ずつ何度か乗せて慣れさせましょう。車椅子が嫌なものではなく、乗ると自分で動けて楽しいものだと認識させる工夫が必要です。慣れてきたら元気な時と同じくらい散歩させて大丈夫です。ただし疲れたら無理せず、外して休ませてあげてください。

犬の車椅子は大きく分けて、二輪車と四輪車の2種類があります。前足の脚力がある場合の歩行補助には二輪車がよいです。リハビリにも向いています。ある程度前足に力があれば、坂道や段差も歩行できます。使っているうちに前足も弱くなってきた場合、四輪車へ改造出来るものもあります。四肢が弱いまたは使えなくなった場合は、四輪車を使います。車椅子が体全体を支えてくれるので、足にかかる負担が減り、四肢が弱くなった犬でも歩けます。完全寝たきりでも利用可能です。犬にとって、動けないのは相当なストレスになります。寝たきりで元気がなくなった犬も、車椅子で動けるようになったら元気を取り戻したという実例もあります。足が弱って歩くのが難しくなった場合、車椅子という選択肢も検討してみてください。